スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    構造論で面白い物語が書けない理由

    面白さを見つける方法 -
    書きあぐねている人のための小説入門(ブログ)


     ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ 

    物語の構造論で「面白い話」が書けない理由(ブログ)

     ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ ∇ 

    それに対する呟き(ツイッターまとめ)

    物語の面白さ。その方法論、構造論とはまた違ったアプローチ方法を掲載

    呟きの

    『 完成品を分解して構造を理解する事は出来ても、それを一から作れと
      言われると出来ないエンジンのライセンス生産みたいな話  』

    が、この一連の主題をうまく言い表している。

    書き手の方々にはぜひに一度目を通して頂きたく…。

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    ちょいとお茶濁す

    ツイッターからの「ああなるほどなあ」と思った事を引用...


    『 講談社モーニング編集長、島田英二郎氏による
           良い企画作り・良い物語作り」講座
    』 より一部抜粋


    「 企画のいい作品というのは、ひとこと(50時以内)
        中身を説明できる作品ではないでしょうか 」

    「 企画がたってる漫画は企画段階ですでに面白い。
       「イエスとブッダが四畳半でルームシェアしてる」。
                   ほら、もう面白いでしょ? 」

    「 これから描こうとする企画を50字以内にまとめると、
      それが企画として成立しているかどうかわかる、って話でしたが、
             これは1話ごとのネームにもあてはまります。 」

    「 延々つづくストーリーであっても、たった1話であってもピントが
      絞れてるほど完成度は高くなると思います。まずその回で書きたい内容を
       ワンセンテンスにまとめて、そのままその回のサブタイトルにする 」

    「 企画はまずまずの線にいってるんで「じゃあ、これで描いてごらん」
      ってなっても、なぜか1話1話が甘くなる。そういうときは、
      その1話で描こうとしていることをワンセンテンスで表現してみるといい 」

    「 『設計図』の意識がないと、最後まで右往左往して、しかもピントの
      絞れないものになることが多いです。「設計図」=「言語化」すること。
         やっぱり「言葉」はものを考えるための最強のツールです   」


    ---------------------------------------------------------------------


    つまるところ「テーマ」って大事ね、ってお話だと思われ。何が書きたいか。
    長く続く作品の中には、各話の中で”何が言いたいのか”分からない時がある。
    それこそぐだぐだ日常を垂れ流したり、無意味なうんちくに終始したりとまあ色々…。

    話のテーマや各話のサブタイトルをワンセンテンスにまとめる、
    というのはすごく良い案だと思いました。骨があると話の肉が厚くなるし。

    言われれば当たり前だけど、なかなか思いつかない良い呟きでした

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    そんなに大事か、PV

    一週間ほど大阪で缶詰にされていました。お久しぶりです。
    僕らの(正確には舞氏の)理想郷、そのゼロ魔板の某作品の
    PV(ページビュー)、その不自然な増加が話題になっているよう。

    さらっと話題作を読んでみた私見としては、
    「真新しいところが何もない、よくある内政(笑)モノ」
    といった感じでした。

    ・オリ主の共感できない(つまらない)独白形式
    ・魅力のない(表現できていない)オリキャラ乱舞
    ・ただでさえ堅苦しく説明過多になりがちな内政(商売)を
     扱う話なのに話の構成テンポに工夫がない(つらつらと書き流し)

    こういう系統のPVが高くなりがちなのはよくある事例ですが、
    それにしてもそこにプラスアルファな何かがなさすぎる…ような。



    たしかに多くの人に見ても貰いたいという気持ちは
    一度でもSSを書いたことがある人なら誰しも思うこと。

    でもそこには、「書いて楽しく、読まれて面白く」の精神。
    書いていて楽しい内容、そして読者が読んで面白いと感じる内容、
    その二つをうまくすり合わせて、向上を続けていくことこそが大事

    それが意識できていればPVなんて勝手に回っていきます(経験談)
    作家のみなさんには良い姿勢で良い作品を手がけて頂きたいと切に願います。

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    プロでもあること

    某ライトノベル作家さんが言っていました。

    「過去に自分で書いた小説を読んだら、まさか
     笑ってしまいました。これ面白いじゃん、って」

    久っしぶりに昔書いた自分の小説(いわゆる黒歴史)を
    読み返してみたんですが、「意外と読めるなぁ」と感じて…。
    いやそもそも自分が好きなように書いているのだから
    それ当たり前じゃんね、と思い直して…読みきりました(笑

    でも、そこで感じたことが一つ。

    「面白さと文章のきれいさ」はイコールではないということ
    そして
    「作者妄想の発露と面白さ」もまたイコールでないということ

    つまり、文章がきれい(まとも)だからといって面白いと言う訳ではないし、
    作者が好き勝手に書いていてもそれが面白くないという評価には繋がらない。

    大事なのは「さじ加減」
    当たり前だけど難しいこと

    わざと文章を崩せば読みやすさに繋がる(かも)
    あまりに妄想を押し隠した文章だと平淡な内容になる(かも)

    そこらへんをもう少し突き詰めて来い、と昔の自分に言いたい(笑

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    気持ちは分からんでもない

    自分で自分の作品に感想(擁護)を入れたくなるのは…。

    特に賛否両論ある内容ほど荒れやすく、感想板の「流れ」も
    傾きやすいのは確かなので、それだったら自分で逐一感想の流れを
    観察して「流れ」を調節したほうが、結果的には良いという事もある。

    まぁ、バレなければね(汗)

    できればしない方がいい手法ですが(というか、したら多分すんごく虚しくなる)
    感想が荒れそうな時には一定の効果が見込める手法ではあるのかもしれません

      「自演☆乙」

    最悪、その言葉を受ける覚悟がある人は敢えてやるのも一つの手…なのかなぁ

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    管理人紹介

    ジョバンニ

    Author:ジョバンニ
    今日の一言:

    |ι´Д`|っ < 

    一部リンク切れあり、、、
    タイトルでググってください

    コメント・拍手
    ありがとうございます^^

    FC2カウンター
    カレンダー
    最新記事を熱々で
    カテゴリ
    ブログ内 検索
    全記事を表示する
    全タイトルを表示
    ブログ開始から
    現在のランキング
    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    1344位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    二次小説
    537位
    アクセスランキングを見る>>
    最近のコメント
    お名前 (05/23)
    ガ チ タ ン

    (02/15)
    生存報告が欲しいな…

    名無し (01/09)
    なのはオリ主が逝くとケイスケの機動六課の日々は、実在する人物を執拗にストーキングして書いた犯罪作品ですよ。

    名無し (11/01)
    無念である

    かみ (01/30)
    もしかして、その書き手って某Gですか?

    (01/09)
    魚拓あるよ

    ジョバンニ (01/09)
    コメントありがとうございます。

    > 面白すぎワロタ・・・・。泣いたわw

    あまり話題には出ないんですが良い作品ですよね。
    復活してくれて本当にうれしく思って

    Links
    仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

    まよねーず工場
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。