スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    魔法科高校の劣等生

     魔法科高校の劣等生

    を読みました(小説家になろうに掲載されている方ですが)
    仮に「設定」という項目があれば間違いなく★5以上を付けていました。
    個人の感想としては ↓ な感じです。少し好みとはずれていたかも。

    文章力 :★★★★★

    展開 :★★★☆☆

    意外性 :★★★☆☆

    総合 :★★★☆☆

     連載中 バトル シリアス チート(最強) 萌え

    コメント:

    『 かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、
      強力な魔法技能師は国の力と見なされていた。西暦2095年、魔法技能師養成のための
      国策高等学校の一つ、「国立魔法大学付属第一高校」に、エリートとして将来を約束された
     「ブルーム」の妹とその補欠である「ウィード」の兄が入学した時から、波乱の日々の幕が開く 』

    元々は作者が「小説家になろう」で連載していた小説である。同サイトで累計3000万PV超え、
    累計ランキング一位を達成し、電撃文庫からの書籍化予定が発表された。(Wikipediaより抜粋)
    と、言う実績だけあって文章の丁寧さや設定の練りこみ具合はさすが!の一言。
    「超能力」「学園」「バトル」と非常にラノベらしいラノベ、王道を往く一作だと思いました。

    詳しい感想は 関連togetter を一部引用しながら述べようと思います。
    というか、こっちで言いたい事がほとんど言われていたという…。

    (b´∀`) > Web小説『魔法科高校の劣等生』マジ面白いです。
             一・二章→四章のが感情移入しやすくてオススメ

    ( 」゚Д゚)」 > 描写の大半が「魔法や近未来の技術の説明」という「設定資料小説」なので、
             小説は読みやすさが、とか、言いながら読むタイプの人にはオススメしないです。

    ( 」゚Д゚)」 > 考証されすぎのエセ物理魔法設定中二魔法技のオンパレード……
           血縁妹による異常なレベルのブラコン
    、どれかひっかかる人には全力で勧めます

    (b´∀`) > ぼくは適当にスクロールしながら「深雪」「達也」「お兄様」という単語が
            目に付いたらその周囲の文章だけ熟読する、なルーズな読み方してました。

    (b´∀`) > そんな雑な読み方をしたにもかかわらず、ストーリーの流れはちゃんと理解できる。
            魔法科高校は、最低限の流れさえ理解してれば楽しめるっていうのが良い。

    (b´∀`) > さらに言えば、魔法科高校の面白さは「二周目のプレイ」にあると言ってもよい。
            一周目は主人公兄妹のドラマを読み、二周目は設定やサブキャラの描写を読む。
            話の流れは理解できてるので、説明が多くても読みやすいし、世界観や人間関係
            そのものはかなり作り込まれているので、設定資料集を読むような面白さがある

    (σ・∀・)σ > 主人公と妹キャラ(一途で可愛い)の関係性が超ツボ。
              四章まで読んで「マジ面白い」という評価にすっかり変わりました。
              学園伝奇ラノベと兄妹属性持ちには是非オススメ

    ( ゚д゚) > 設定解説が長い&脇役が多くて話の進みが遅い、という所につまずく
             軽く流しつつ深雪さんのマジやばい部分を拾って読む、くらいで丁度いい。

    ( ´Д`) > 物語的な目的があるわけではないのに、「読ませる」なーこれ。
             冗長さをもう少し減らして、展開を早くすべき気はするが…。

    ( ゚д゚) > 邪道かもしれないけど「三章飛ばして四章を先に読む」は正直正しいかもしれない

       ■

    正直なところを言えば、僕は頭からさらっと読みたい派なので
    設定資料集なイメージを受けた本作は微妙に感じてしまいました。
    食べにくい、と言えばいいのか。兄弟のイチャラブは好きでしたが…。

    振り返ればキャラの設定上、どうしても物語に勢いが欠けるのと、感情移入しきれていない
    サブキャラの方向へ話ががんがん飛んでいく事は読み進める上で大きなネックに感じました。

    でも「2週目プレイ」や「章を飛ばして読む」の発想はなかった…。思いついた人すごい…。

    リンク: 魔法科高校の劣等生~初年度の部~

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    十字道(Webマンガ)

    大抵の人は知っている、Webマンガの有名どころ「 十字道 」

    あらすじ:

    陽の四道(人道 王道 正道 神道)と陰の四道(外道 覇道 修羅道 魔道)の
    交差をテーマとした和風ファンタジーモノ(侍とか刀とかイメージしてくれれば)

    感想: 文句なしに面白かった!

    すんごく分かりやすく噛み砕くと「地に足のついた感じのBLEACH」
    主人公たちは なんか超能力っぽい力と剣術を駆使して戦っていきます。
    そういうタイプが好きな人には堪らない作品じゃないかなあと思います。

    キャラ立てが上手く、作者さまが良い意味でキャラを突き放して書いているので
    途中 「え、死ぬのコイツ」と思ったこと数回…。なあマジかよ…、虎鉄さん…。

    八十話以上の大長編 。 今後の展開に目が離せない一作です。

    追記(10/12): 【完結】しましたっ!楽しませて頂き、今までありがとう!

    …少しネタバレになりますが飛び散ったジンロウの欠片やら
    「ぐ、腕が疼く」やらでもうちょい引っ張るかとも思いました。
    駆け足な感もありましたが、それでも自らの作品を纏め上げ、きれいに
    終止符を打てた事は素晴らしく、最初から最後まで文句なしに良作でした。

    本当に本当に楽しませて頂きました。完結、おめでとうございます。

    陰と陽の十字道

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    【ネタ】ある男が用務員になったようです。【オリジナル】

    文章力 :★★★★☆

    展開 :★★★☆☆

    意外性 :★★★☆☆

    総合 :★★★★☆

    コメント :

    オリジナル。勘違いモノ。

    『お嬢様学校の用務員に就職したが、武道一本で生きてきた
     主人公は用務員の仕事を初日の出来事で勘違いしてしまう。
     その認識が訂正されることもないままに、今日も彼は
     学園に跋扈する怪しいゴミたちの掃除に奔走するのだ。』

    ストーリー性はない(というより途中で更新停止中)が
    勘違いモノの勘所を押さえてある一作。いや、ふつーに面白かった

    リンク :  削除(済) 2011/6/5 確認

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    Hybrid Insector

    今回紹介するのはSSではなく、Webマンガ。その名も「 Hybrid Insector 」
    仮面ライダーの二次コミックです。画力、ストーリーともに相当にレベルが高い一作かと

    簡単に粗筋(導入部)だけを紹介しますと

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ―――― 今までのすべての敵の復活した
    それに対抗する7人のオリジナル仮面ライダーと後天的に作られた簡易ライダー
    激戦の末 敵方の首領を倒した後に彼らを待っていたのは 政府による弾圧だった。

    彼らは既に人ではない。ゆえに、こう呼ばれる。「 Hybrid Insector(混成 昆虫) 」と

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    文才のない僕の紹介の百倍は面白い作品ですので、ぜひ一読してみてはいかがでしょうか

    リンク : Hybrid Insector@ナデガタサーカス

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    かみなりパンチ

    なんか理想郷に「オリジナル」板作品が増えている気がします。
    今年の夏は「オリジナル」SS(最早 それはSSではないが)の夏かもしれません。
    ま、質に関して言えば、オリジナル(笑)な作品が大半なのは ご愛嬌 。

    文章力 :★★★★☆

    展開 :★★★☆☆

    意外性 :★★★☆☆

    総合 :★★★★☆ (最初の内は)

    コメント :

    亜人が跋扈するようになった近未来(遠い未来かも)から
    さらに ファンタジー世界へ送られるチンピラ(つか、ヤクザさん)主人公の お話。
    ファンタジー世界と近未来世界の二つの視点をメインキャラを別にして書かれている。

    主人公の性格が性格なのと、中々に上手い文章で序盤の勢いは素晴らしかった。
    ただ、世界観の設定や掘り下げが不十分なのと、主人公以外のキャラが総じて薄いせいか、
    中盤以降になってくると主人公にも新鮮さがなくなり、全体として失速した感があった。

    でも、そうですね、理想郷のオリジナルの中では読める方ではないかと思います。
    オリジナル自体、書くのに非常に高い文章力や構成力が必要なのだなと感じた一作でした。

    リンク : かみなりパンチ

    テーマ : 二次創作:小説
    ジャンル : 小説・文学

    管理人紹介

    ジョバンニ

    Author:ジョバンニ
    今日の一言:

    |ι´Д`|っ < 

    一部リンク切れあり、、、
    タイトルでググってください

    コメント・拍手
    ありがとうございます^^

    FC2カウンター
    カレンダー
    最新記事を熱々で
    カテゴリ
    ブログ内 検索
    全記事を表示する
    全タイトルを表示
    ブログ開始から
    現在のランキング
    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    1344位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    二次小説
    537位
    アクセスランキングを見る>>
    最近のコメント
    お名前 (05/23)
    ガ チ タ ン

    (02/15)
    生存報告が欲しいな…

    名無し (01/09)
    なのはオリ主が逝くとケイスケの機動六課の日々は、実在する人物を執拗にストーキングして書いた犯罪作品ですよ。

    名無し (11/01)
    無念である

    かみ (01/30)
    もしかして、その書き手って某Gですか?

    (01/09)
    魚拓あるよ

    ジョバンニ (01/09)
    コメントありがとうございます。

    > 面白すぎワロタ・・・・。泣いたわw

    あまり話題には出ないんですが良い作品ですよね。
    復活してくれて本当にうれしく思って

    Links
    仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

    まよねーず工場
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。